Is the order a pokemon?

ご注文はポケモンですか?

2018 International Challenge March( INCMarch )使用構築~かちきゴチルゼルとテテフグロス~

アローラ!ココアだよ

今回の記事は3月のINCで使用した構築を紹介するよ。

 

f:id:gotiusa_pokemon:20180401100922p:plain

 

 
1月のINCではレート1500を下回る悔しい結果だったよ。
なので今回は悔いの残らないように構築を考えたよ。

表向きはテテフグロスだよ。


【個別紹介】

メタグロス@メタグロスナイト
159-180-154-x-111-134
159-190-174-x-131-178(メガ後)
アイアンヘッド しねんのずつき じだんだ まもる

 

この構築のメガ枠。陽気最速で少し耐久に努力値を振っているよ。
火力もあるし、耐久もある。文句なしの活躍だったよ。

困ったらアイヘとしねんで怯ませるよ!

じだんだはいかくガオガエン前はれいとうパンチで使用していたけど
れいとうパンチが刺さる相手は基本的にテテフ、マリルリゴチルゼルで相手できるから
ギルガルドガオガエン、ミラーに刺さるじだんだをINCでは採用しました。

 

カプ・テテフ@こだわりスカーフ
145-x-96-200-135-147
サイコキネシス シャドーボール ムーンフォース めざめるパワー炎

 

控えめCSのスカーフカプ・テテフ
無難に強かったよ。先発で出すより、後発でサイコメイカーを展開しながら出すのが強かったな。

INCでは出した試合はすべて後発スタートだったよ。

特性でエスパー技の火力をあげて、地面についているポケモンから先制技から守る。
文句なしの活躍だったよ。流石私の妹だよ。

 

ゴチルゼル@ビビリだま
145-x-116-147-130-128
サイコキネシス シャドーボール まもる めざめるパワー格闘

 

特性かげふみが強力なゴチルゼル・・・を勝ち気で採用。
ランドロスボーマンダ、そして最近解禁されたガオガエンがどの構築にも入っている印象だから火力と素早さは簡単にあげることができたよ。

ビビリだま発動後は、最速ゲッコウガまで抜けるよ。

技はメイン技のサイコキネシスにサイキネを半減してくる相手にシャドーボール
火力をあげた後に狙われやすいので、まもるまで確定。

残りの技はめざめるパワー格闘を採用。
バンギラスガオガエンナットレイに幅広く抜群を取れるよ。
倒すというよりかは削るを意識して採用したよ。


もしも特性かちきをうまく発動することができなかった場合

火力がない中途半端なポケモンの誕生かと思いきや・・・
相手が勝手にかげふみだと思い込んでいる場面多いと感じたよ。
交換しないととなりのポケモンに倒されるのに、交換しない相手が多かったよ。

なので特性が発動できなくても交換を抑制してとなりのポケモンで相手を崩していくよ!

このポケモンは相手の構築にいかくポケモンがいたら先発で選出するよ。
もしいかくポケモンがいなかったら出さないよ。

かちきゴチルゼルも強かったからぜひ使ってみてほしいな。


マリルリ@とつげきチョッキ
205-112-100-x-103-70
アクアジェット アクアブレイク じゃれつく はたきおとす

 

HAチョッキマリルリだよ。
味方カプ・テテフがいて、後述のコータスもいて
この構築と相性が悪いと感じる方もいるかもだけど、かなり活躍してくれたよ。
バンギラスガオガエンに強いのでそれだけで採用価値がありました。

はたきおとすも強力で、ランドロスのスカーフやチョッキ、ポリ2のしんかのきせき
ヒレトリトドンといった耐久水ポケの食べ残しをはたいてくれたよ。

それにいかくを誘う要員ポケモンも構築に組みたかったので採用してよかったと思うよ。
ゴチルゼルと先発で並ぶことが多かったよ。


ドリュウズ@きあいのタスキ
185-187-80-x-86-154
ドリルライナー まもる アイアンヘッド いわなだれ

 

特性かたやぶりのASドリュウズを採用。
当初は襷フーディンだったけど、INCではこちらを採用。

理由としては3つあるよ
1 : バンギラスガオガエンに一致で抜群を取れる
2 : 特性かたやぶりが強力。
3 : いかくポケモン(主にランドロス)を誘うことができる。

以上の理由からフーディンからドリュウズに変えたよ。

変更前のフーディンも紹介しておくよ。

フーディン@きあいのタスキ
131-x-65-187-115-189
サイコキネシス きあいだま まもる シャドーボール


コータス@ホノオZ
177-x-161-150-90-22
ふんか だいちのちから まもる かえんほうしゃ

 

最後はコータスを採用。冷静HCの最遅型だよ。
ゴチルゼルと並べるとトリックルーム展開があるように見えるかな?

貴重な炎打点だよ。
出すときは以下の通り
テッカグヤナットレイがいるとき
・トリル展開が見えるとき
・VS雨(雨にはだいたいナットレイが入っていたため出していたよ)


出すときは必ず後発から出していったよ。
変えるとしたらここかな。トリルがあるように見せかけても
あまり意味がなかった印象。


【選出】
□選出1
先発:ゴチルゼル+マリルリ
後発:カプ・テテフ+メタグロス

この選出は相手にいかくポケモンがいる場合を想定していたけど
結局この選出が一番多かったよ。
どの構築にもだいたいいかくポケモンが入っているからね。

 

□選出2
先発:マリルリメタグロス
後発:カプ・テテフドリュウズorコータス

いかく持ちがいない構築の場合。

いかく持ち(ボーマンダorガオガエンorランドロスorライボルト(メガ後の特性がいかく))
&コケコ、レヒレ、ブルルがいない構築はほぼなかったね。

 

【簡単な立ち回り解説】
□VSリザランド
選出1で出すよ。

マリルリをさげて、カプ・テテフを出すよ。
サイコフィールド込みかちき発動サイキネでリザードンYを一撃で落とすよ。

特性かちきであることが相手のランドロスのいかくでバレるが
リザがまもったり交換してくることはなかったよ。

スカーフランドロスのとんぼがえりやはたきおとすはゴチルゼルは一撃は耐えるよ。

 

□VSコケコマンダ
これも選出1だよ。

ゴチルゼルはカプ・コケコのデンキZをエレキフィールドがなければ耐えるので
後出しテテフでサイコフィールドを展開して、デンキZを耐えて、メガボーマンダを落とすよ。


【重かったポケモン
ナットレイテッカグヤ
コータスの選出を強いられるよ・・・。

ガオガエン
メタグロスにじだんだやゴチルゼルにめざめるパワー格闘を搭載し
ドリュウズを新たに採用したけど、やはり重かったよ。

メガゲンガー
かちきゴチルゼルでビビリだま発動しても抜けないよ。
ガオガエンと並ばれるとそれだけできつかったです・・・。

改善案はコータスガオガエンにする。
などがありそうだね・・・。


【戦績】
34勝11敗 

92位

最終レート:1715

 

途中15連勝するも、最終日に失速・・・。
1800を目指したけど勝ちきれなかったよ・・・。


【最後に】
ごちポケ対戦記というタイトルで動画投稿しています。

初心者投稿者ですが、良かったら見てください。


この構築を使った動画をこの記事に貼っておくよ。
ぜひ見てね。

 

www.nicovideo.jp

 

youtube

ごちポケ対戦記【かちきゴチルゼルとINC】 - YouTube

 

今回は以上だよ。
ここまで読んでくれてありがとね!